日幸建設

当社について

日幸建設のポイント1:日幸建設は総合建設会社です
日幸建設株式会社は1969年、千葉県に創業いたしました
40年以上も地元の皆様にご愛顧いただいていますが、そのために私たちが行ってきた事は、単に「建物を築く」のではなく「信頼を築く事」を大切にしてきた事に他なりません。 創業当時は地元の住宅や小さな建物を手がける事から始まりましたが、今では公共施設、病院、商業ビルやマンションなど大規模な物件も数多く手がけさせていただくようになりました。
日幸建設の技術力と現場監理力と「誠意・熱意・創意」という理念を持って、現在では総合建設会社として地元の皆様、そして千葉県近隣の皆様のために様々な規模や種類の建設を担っています。

千葉県建設工事等入札参加業者格付けが「A」クラス
公共工事はどんな会社でもできる訳ではありません。入札という仕組みで建設会社を決定されますが、その入札に参加するにあたっては県や市から格付けがなされており、条件を満たさない建設会社は入札できないのです。公共の建物は、いい加減な会社に任せる訳にはいかないからです。
日幸建設はその入札参加格付けは 「建築一式工事」の工種でAクラスを取得しています。
創業してから長い間に培われた地元密着での信用と物件数と、技術力と安全性が評価された要因で、千葉県よりAクラスをいただいています。
格付けをするにあたって、千葉県は各建設会社に点数をつけて審査します。会社の売り上げ、技術者人数、営業年数、事業内容、社会保障などの労働環境、決算書など、様々な評価項目を見られ、決定されるのです。
自治体からのお墨付きをもらっていますので、安心してご依頼ください。

これまでの物件受注内容
国立千葉大学など国の施設や千葉県の公営住宅や警察施設、県立高校などの公共施設、千葉市の小学校、中学校等の教育施設や公民館等、様々な大規模公共工事の実績があります。
民間施設としては病院や保育園などの施設、小さなオフィス、店舗から大規模な商業ビル、工場や研究所等の特殊な施設まで様々な商業施設も手がけています。
住宅では 一戸建てからマンションなどの集合住宅やリフォームまでを設計から承っております。
このように様々な規模や種類の建設の実績を持つ日幸建設は総合建設会社として長年ご愛顧をいただいております。

詳しい実績についてはこちらの「施工実績」のページをご覧ください。
日幸建設のポイント2:建設会社の力量とは現場監督力のこと
建物を建てるには多くの人が必要です。たくさんの工程があり、各工程の中で多くの専門家や職人さんが働きます。建設会社の人間が建てるのではなく、外部の大勢の人たちに依頼しているのです。その場合、同じ地域なら同じ職人さんや施工業者さんが工事をする場合も出てきます。 建てる職人さんが同じならば品質も同じになるのでは?と思いがちですが、実は同じ職人さんでも仕上がりに違いは出てくるのです。その差が出る原因は何なのでしょうか?

それは現場の監督さんの力量が決め手になるのです
どのように指示を出すのか、技術的な知識や経験を持ってきちんと対処できるのか。
職人さんもこの道何十年というベテランがたくさんいて、監督がダメだとなめられてしまい、職人さんの持っている技術をフルに発揮してもらえない事も起こります。
だから現場監督への教育が重要になってきます。
弊社では定期的に勉強会を開き、新しい工法や安全対策について学んでいます。また、お客様からいただいたアンケートを元にして、より良い仕事やお客様へ対応するために研鑽を積んで現場監督力を磨く事に力を入れています。

監理技術者資格を持つ現場監督が多数在籍
監理技術者とは、現場の技術水準を確保するために配置しておく技術者のことで、一級建築士、一級施工管理士などの資格を持つ者の事を言います。
建設業法の規定により、特定建設業者が元請として外注総額4500万円以上となる工事を発注者から直接請け負う場合、監理技術者を現場に配置しなければなりません。
弊社の現場監督の多くがこの資格を持ち、常に技術や安全に勤めています。
建物は図面がどんなに良くても現場でどのような過程を経るかによって仕上がりが全く違って来ます。現場監督の質が建物の質であり、お客様に満足していただけるために大切なことだと思っています。

職人さんのセレクト、プロデュース
建設業会は古い業界です。現在でも古いやり方が継続して行われている部分があります。例えば工事を依頼する職人さんの選別です。気心の知れた長年付き合っている職人さんにお願いすることは、たまに無理を聞いてもらったり便宜を図ってもらうことがしやすい面はあるかもしれません。心理的にもラクです。しかしお互いに甘えが出たりなあなあになったりする事も出てきてしまいます。付き合いが長いからこそ言いたいことも言いにくい場合もあります。このようなことではお客様のための仕事ではなく、自分たちがやりやすい仕事になってしまう危険性もあるのです。

弊社も先代の時代ではそうでした。しかしお客様のためを思えば職人さんの選び方も仕事の質に関わる重要なポイントである事は明白ですので、そのようなやり方はやめました。
現在では建物に関わる外部の協力会社100社以上とのおつきあいがありますが、その全てに弊社独自の評価基準を設けて、物件の内容や規模、お客様のニーズによってその物件に最適の職人さんや専門家を選定する仕組みづくりをしています。
このようになれ合いのない、ほどほどの緊張感をお互いに保つ事により、プロの専門家の実力を最大限に活用する事ができるのです。
日幸建設のポイント3:日幸建設が「信頼」される理由
弊社は長い歴史があります。オイルショックやバブルの崩壊、リーマンショックなど数々の厳しい時代を乗り越えて来ました。おかげ様で現在でも続いていられる理由はひとえに「信頼」を大切にし続けて来たことに他なりません。
お客様の信頼。そのためにはいかに「次もお仕事を依頼していただけるか」が大切だと考えています。
弊社がこれまで続いてこられたのは、一度お仕事を依頼していただいたお客様からのリピート率が非常に高いためであると思っています。そのために、常に真摯にお客様に満足していただけるような品質と対応、そして品質に見合った適正価格をご提供してきました。 良い仕事をするのは当たり前のことで、「日幸建設さんにまたお願いしたい」。そういっていただける事が私達の何よりの報酬だと思っております。

アフターフォローにも力を入れています
お客様に長いおつきあいをしていただくために、アフターサービスにも力を入れています。 「サービスデー」を設けて営業、職人と監督の3人でお客様宅に毎月第1土曜日にお伺いしています。
建物は使っているとだんだんと修理が必要な部分が出てきたりしますので、材料代のかからない修繕を無料で行っています。たてつけが悪くなった、床のきしみ、蛇口の水漏れなどのちょっとした修繕をいたします。材料を揃えていただければ棚を作ったり、簡単な大工仕事も行います。
基本的に新築で個人の住宅や店舗などをご依頼していただいたお客様全員に伺って、このようなサービスをしており、大変好評をいただいております。
また定期的に建物の点検も行っており、建てたら建てっぱなしではない、責任を持った仕事をしておりますので、お客様の信頼をいただいております。

見えない部分にもこだわりを持つ
弊社の見積もりは「安く」はありません。しかし「安くないこと=高いもの」という事ではありません。「価格」が高くても、それ以上に「価値」が高ければそれは高い買い物にはならないのです。

私たちは建物は社会みんなのものであると考えています。もちろん建物の所有者は施主様ですが、都市を創造して行くという事は品質の良い建物を造る事を土台とする事であると考えています。
見積もり競争や入札で負ける事もありますが、私達はお客様のため、社会のために建物を造っているという想いを持って、品質にこだわった材料や適正な技術をご提案しているのです。
例えば壁の中の構造体や断熱材など見えない部分でも品質の良いものを使用して、建物を長持ちさせる事に留意します。見栄えも大切ですが、目に見えない部分こそが長い間風雨にさらされて使って行くうちに差が出てくる部分なのです。

安い建物にはそれなりの理由があります。コスト削減するには見えない部分の材料や構造の部分で経費削減をするのがやりやすいのです。私達はこの部分こそ建物では重要だと考えていますので、きちんとした建材を用いたお見積もりを作成いたします。
私達は安くてもいいからたくさんの仕事が欲しいとは考えていません。お客様のためを思えばこその、より良いご提案をしているのです。
もちろん、ご予算も決められている場合があるでしょうから、お客様のご要望に見合うものをご提案する事も可能です。しかしその場合はどこを削って、どのように工夫してコストを削減するのか、きちんとご説明し、納得していただいてから施工に入ります。
このような説明がきちんとなされておらず、見えない部分で帳尻を合わせるようなやり方は私達は行っておりません。

社内検査で厳重にチェックしています
目に見えない部分でのこだわりとして、「材料」だけではなく、「人」もあげられます。建築物が出来上がりに近くなると、社内の別の担当の現場監督が立ち会い、仕上がり具合や安全基準を厳重にチェックします。「社内でチェックするなど当たり前」と思うかもしれませんが、このように別の担当の現場監督が社内チェックを行う事は、とても重要な事です。客観的な目でチェックを入れさせる事で、常に高い品質を保ち、お客様の信頼をいただいております。 このような手間をかける事も価値を高める事につながると考えています。

物件ごとにアンケートをお願いしています
ひとつの仕事が完了したあとに、社員や職人の対応や工事に関してのできばえなど、お客様の忌憚ないご意見をお聞きするためにアンケートをお願いしております。このような仕組みを設ける事により、常に仕事に関わる人間全員が緊張感を持ちつつ、丁寧な仕事をするように心がけています。そしてもし、クレームやご不満をいただいた場合は現場監督全員に共有し、高い品質を保つためにお客様の声を生かしていきます。


このように日幸建設は様々な想いや技術、実績を持って今日までまいりました。
総合建設会社として、建物の専門家としてきっとご満足いただける仕事をいたします。
ぜひ一度お気軽にお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。
ご相談は無料です。